意外と気になる背中ニキビの治療法

普段は隠れているだけに、水着やドレスを着る機会になって気づき慌ててしまうのが背中ニキビです。綺麗にお化粧したツルツルの肌と背中ニキビは、とてもアンバランスに見えてしまいます。露出の少ないこの季節は良いチャンスです。出来るだけ早めにケアしてしまいましょう。

背中は頭皮と顔に次いで皮脂の分泌が多い部位とされています。特に肩甲骨付近に皮脂腺が多く集まっています。ニキビの原因はこの皮脂と大いに関係があります。ストレスや睡眠不足等が原因で男性ホルモンが多く分泌されると角質層が固くなり、毛穴が詰まってしまいます。

背中は洋服に覆われ汗をかきやすい部位です。特に女性はブラジャーをするため、汗が溜まりやすい場所です。皮脂腺が多い上に汗もかきやすい、そこにストレス等で毛穴がつまり余分な皮脂を排出できずニキビになってしまう、という仕組みになっています。また背中は手が届きにくく洗いづらい場所なのも原因でしょう。

肉眼では見えづらい為、ついついお手入れも後回しになってしまい気づかない内に悪化しているケースが多いのです。治療としては軽症の背中ニキビなら生活習慣を見直し、入浴時に丁寧に洗った後に保湿をすることでかなり改善されます。また角質を柔らかくした方がニキビに効果的なので、シャワーだけで済ませずに入浴する方が良いでしょう。しかし、かゆみを伴い赤くなってしまっている等悪化している場合は皮膚科を受診することをお薦めします。

背中は顔よりも角質が厚く、顔用のニキビ治療薬はあまり効果がありません。炎症を抑えるためにも皮膚科で処方された塗り薬をまず試し、その後は清潔にすることと保湿を心がけてください。治りづらいとされる背中ニキビですが、手をかけてあげるとその分確実に綺麗になります。自信を持って背中を出せるよう、十分にケアしてあげましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *