修学支援制度もある大阪の美容学校

大阪の美容学校の多くは修学支援制度を設けているところもあり、これは授業料の減免に関する制度のことです。2020年4月から始まったもので、具体的には全てのスクールで適用されるわけではなく、専門だと約62%が対象でこれから通う予定のスクールでも対象になっている可能性があります。支援額を決めるときは世帯収入が重要で、十分にあるときは対象外になることもあります。国立か私立まで決められる部分もありますが、専門はほぼ私立になります。

自宅または自宅外からの通学かでも金額が違う部分もあって、例えば給付型奨学金だと大阪の美容学校へ進学した時に自宅から通うことを想定したら約46万円の奨学金がもらえます。授業料は1年間で上限が59万円で、授業料の半分以上が免除されます。1年間の授業料が100万円ぐらいなら、家庭で出す費用が半額程度まで減らせます。入学金も高額なことが殆どですが、これも16万円を上限に免除となります。

修学支援制度の対象は、それ以外に住民税非課税世帯がそれに準ずる世帯の学生のなかで、学ぶ意欲がある学生が重要です。学ぶ意欲がなく遊んでばかりの学生に国などが資金を援助することはありません。学ぶ意欲があるかの判断基準は、将来の意欲に関して判断することが難しく客観的に判断するしかなく、その方法として高校に通っていたときの成績で決まり、成績が優秀だと学ぶ意欲があると判断されます。他にもレポートなどで判断する大阪の美容学校もあり、基準はそれぞれ違うためどのような内容が定められているか確認したほうが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *