ビタミンC配合の化粧水について

main-img

ビタミンCは美白や抗酸化作用に優れた成分です。

ビタミンCの化粧水の為になる情報です。

しかしこの成分はとても脆く不安定なので、化粧水に配合したとしても肌に浸透されにくく効果が発揮されにくいという欠点がありました。

そのような性質を持つビタミンCの欠点を人工的に改良し、安定した形にして浸透力を良くしたものが「ビタミンC誘導体」です。

化粧水などに配合されることの多い水溶性とクリームなどに使用される油溶性、両方の性質を持つものの3種類があります。


ビタミンC誘導体の効果で一番有名なのはシミ予防や美白です。
化粧水に配合した場合の美容効果は、シミの予防とシミを薄くする効果、ニキビの予防とニキビ跡の改善、ターンオーバーの正常化があります。

またコラーゲンの生成を促進したり、紫外線で発生した活性酸素を無害化する作用を持っていますので、エイジングケア化粧品に配合されることも多いです。
さらに、皮脂のコントロールや毛穴ケアもできる万能な成分です。
一般的な化粧水に含まれるビタミンC誘導体の濃度は1%〜2%ほどが多いですが、クリニックでは5%〜6%ほどで通常よりも高濃度で配合された化粧水の扱いがあったり、通販で原液100%のものが売られていることもあります。



しかし濃度と肌への影響は必ずしも比例しないとされていて、配合されている量が多くてもそれほど効果が感じられないこともあります。なぜなら、効果を左右するのは「肌への浸透力」がポイントになるためです。



また、高濃度で配合されているものは皮脂の量をコントロールする作用によって肌の乾燥を招いてしまうこともあります。

単純に濃度が高い製品を選ぶのではなく、浸透しやすい形になっているかどうか、乾燥肌の場合は自分の肌に合っているかどうかなどを見極めて選ぶことが大切です。

化粧水関係の真実

subpage01

化粧水に含まれているビタミンCの多くは、現在では誘導体と言う形をとっています。もともとビタミンCは肌に対して様々な効果が期待できるとされていたのですが、その一方で刺激が強く、また壊れやすいため肌に届きにくいと言うのが難点でした。...

more

化粧水の秘訣

subpage02

ビタミンC配合の化粧水でおすすめなのが、APPSもしくはアプレシエという種類が使われているものです。ビタミンC誘導体の種類はいくつかあり、それらは水溶性と油溶性のどちらかに分かれるのですが、APPSは両方の特性を持っている新型のタイプです。...

more

化粧水のテクニック

subpage03

エイジングケアを行うために、ビタミンCを含んだ食品をたくさん摂ってる方もおられるかもしれません。これはとてもいいことですが、一つ注意しておかなければならないことがあります。...

more

化粧水の専門知識

subpage04

年齢と共に肌のトラブルを実感するようになる人は多く、若い頃と同じスキンケアでは効果を実感することができなくなっている人も少なくありません。肌のはりやつやが失われ、肌荒れを引き起こしてしまうようになったことに悩んでいる人たちにとって、高浸透型のビタミンC誘導体が配合されている化粧水が注目を集めています。...

more